2017年08月02日

弥彦競輪、ふるさとカップ終了

 弥彦競輪の一年間で最大のレース、開設67周年記念弥彦競輪ふるさとカップ(GV)が8月1日無事終了しました。今回の決勝最終レースで地元の選手諸橋愛(めぐむ)選手が悲願の地元のビックレースで優勝しました。地元村長としてはこんなにうれしいことはありません。
 一方で、開催4日間の売り上げが目標の55億円を相当下回る51億円台で終わりました。天候も地元も全国的にもまずまずで、期待はしていたのですが、残念でした。他の競輪場の記念競輪も目標額を下回るところが多いようです。フアンの老齢化による売り上げへの影響が鮮明になってきたようです。


posted by 小林豊彦 at 10:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。