2017年06月22日

村長選立候補だと夏便り  河彦

 新聞記者時代の畏友、元毎日新聞記者の高尾義彦さんから自費出版の句集をいただいた。この6月に社長、会長、相談役をつとめた日本新聞インキ(株)を退任されたのを機に「無償の愛をつぶやく U」を上梓された。約730句が収録されているが、私や弥彦を読んでいただいた句が5句も。「紅葉をライトアップの弥彦村」「雪掻きに息を切らせて電話口」。うれしく、ありがたいことです。
 出版の挨拶文の次の言葉に痺れました。
 「すべて、よき心の趣くままに、これからの時間を過ごしてまいります。」


posted by 小林豊彦 at 09:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。